みんなで大家さん|デメリットの少ない不動産投資

不動産投資やるならみんなで大家さん

数ある不動産商品の中で人気の高いみんなで大家さん

みんなで大屋さん販売事業では、主にみんなで大家さん販売株式会社が販売を担当していますが、これらは新しい資産運用として注目されています。このようなインカムゲイン(資産(株式・債権・預金等)を所有していることで得られる配当や利子を指す)の市場の中でみんなで大家さんシリーズは幅広い層の方々から支持されており、評判を呼んでいます。

みんなで大家さんの特徴

みんなで大家さんは、出資者の方々の出資金に対して、営業者が選定した対象となる不動産の賃貸利益を分配していくものです。また、評価額の日々の変動がないというのがみんなで大家さんシリーズの特徴であり、これらは不動産特定共同事業法に基づく不動産投資商品です。一般的な資産運用商品と不動産シェアリングであるみんなで大家さんシリーズを比較してみると、資産運用商品には二種類あり、価格変動の差益を受け取る商品(株やJ-REITなど)と一定期間預け入れることで利息を受け取る商品(定期預金や国債など)に分類されます。短期での利益を求める株やJ-REIT(投資家から集めた資金で、オフィスビルや商業施設、マンションなど複数の不動産などを購入し、その賃貸収入や売買益を投資家に分配する商品)には変動性があり、元本の安全性が低いという特徴がありますが、定期預金や国債といったものは元本の安全性は高く設定されていても、金利は低く、収益性も高くありません。

これらの資産運用商品以外の選択肢として、不動産オーナーになって賃料収入を得る不動産投資というものがあります。もちろん、不動産投資も「資産運用商品」ですからメリットデメリットはあります。それらをふまえた上で、制約やハードルが高い個人で不動産オーナーになるのではなく、安定した賃料を得る仕組みをつくりだしたのが、「みんなで大家さん」シリーズであり、「不動産ファンドみんなで大家さん」です。

みんなで大家さんの仕組み

みんなで大家さんの大まかな仕組みとしては、営業者が賃借人と賃貸借契約を結んでから、出資者と匿名組合契約を締結し、その後、出資者に対して、出資口数に応じた賃料が分配されます。出資口数に応じた利益分配金を受け取れるということで、不動産オーナーのデメリットが解決できます。通常の不動産売買取引価格の場合は、相場によって賃料が下回ってしまうこともありますが、賃貸利益を評価基準とする「みんなで大家さん」シリーズでは、賃料は不動産売買取引価格の変動に比べても安定するため、出資元本も安定していきます。