みんなで大家さん|デメリットの少ない不動産投資

不動産投資やるならみんなで大家さん

みんなで大家さんの仕組み(システム)について

みんなで大家さんをもう少し深く知ろう

みんなで大家さんの不動産投資の仕組みは、金融機関からの借入が40%、投資家の方々よりの優先出資分の40%と劣後出資分の20%を都市綜研インベストファンド株式会社が負担するという形になっています。尚、みんなで大家さんが投資商品である以上、一定のリスクがありますが、しっかりと把握しておけば大丈夫です。みんなで大家さんシリーズの不動産投資商品は金融機関の預金ではありませんので、元本を保証するものではありません。また、みんなで大家さんの想定分配率は一定の分配金を保証するものではなく、さらに、元本の評価額が出資総額の2/3を下回った場合は、出資金にも欠損が生じることとなりますので注意が必要です。出資するにあたり、こうした投資商品はクーリングオフ制度が適用されます。分配金は所得税で、総合課税扱いです。優先分配として、賃貸利益(賃貸収入から賃貸費用を差引いたもの)を出資者に分配されることになります。