みんなで大家さん|デメリットの少ない不動産投資

不動産投資やるならみんなで大家さん

不動産投資商品について深いお話

不動産投資商品には大きく分けて四種類のリスクがあり、それぞれ、金利上昇リスクや流動性リスク、価格変動リスク、低稼働リスクがあります。これらのリスクを上手にコントロールしていくことが大事です。バブル時代の不動産投資は、キャピタルゲイン(売却利益)を得ることを目的としており、購入した不動産が値上がりした後に売却して利益を得ていましたが、最近では運用収益(インカムゲイン)という購入したマンションなどを入居者に貸して家賃収入を得ることが主流になっています。また、不動産投資のメリットとしてインフレに強い特徴があり、所得税と相続税の節税効果もあり、安定した収入が得られることが挙げられます。不動産投資は老後に支給される公的年金と貯蓄だけでは不安な方にもおすすめです。こうした年金や貯蓄に加えて安定した賃貸収入やファンドによる分配金で収益を得ることができれば安心です。もちろん、空室リスクや建物の老朽化といったデメリットもありますので、それらをしっかりとふまえた上で賢く投資していくことが大切です。みんなで大家さんの対象物件は地域のニーズを踏まえたアミューズメント施設やホテル、大型物流倉庫などの収益率が高いものが多いのも特徴です。