みんなで大家さん|デメリットの少ない不動産投資

不動産投資やるならみんなで大家さん

不動産投資 おさえておきたいQ&A 9月11日|みんなで大家さん

Q「インカムゲイン」って何ですか? Aまず、投資から得られる利益には、「キャピタルゲイン」と「インカムゲイン」があります。 「キャピタルゲイン」とは、不動産を購入し、 「買ったときより高く売れたときに」得られる利益のことです。 1000万の不動産を1200万で売ったら、200万円がキャピタルゲイン(利益)となりますね。 逆に損失が出た場合は、キャピタルロスといいます。 一方、インカムゲインとは取得した不動産から継続的に受け取れる利益のこと。 株でいえば「配当金」、不動産でいえば「家賃」がそれにあたります。 ちなみに・・・ 不動産投資の場合、バブル期までは「キャピタルゲイン狙い」でした。 誰もが、土地の値段は必ず上がり続けるという「土地神話」を信じていたんですね。 しかし土地神話が崩壊した昨今では、不動産投資の目的も「インカムゲイン」に移ってきました。 不動産の値上がりを期待するのではなく、毎月得られる家賃収入に期待するわけです。 不動産の購入価額と家賃収入を見ると、預貯金よりは高い「利回り」になることが多いです。 「インカム」には地代(土地を貸すことで得る収益)と家賃(建物を貸して得る収益)があります。 一般に、収益性は「家賃」のほうが高くなりますので、「建物を買って貸す」形になることが多いです。不動産投資をするということは、建物の貸主、すなわち「大家さん」になって家賃を得ることになります。 資産運用の初心者の方にもおすすめの不動産投資商品として「みんなで大家さん」シリーズがあります。